忍者ブログ

Violaceo Luna


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16ブロック




「16ブロック」オフィシャルサイト



2006年 アメリカ

101分


監督 : リチャード・ドナー

出演者 : ブルース・ウィルス、モス・デフ、デヴィット・モース






作品概要


非番に同僚の代わりとして仕事を引き受けたジャック(ブルース・ウィルス)。
それは警察に収容されていたエディ(モス・デフ)を裁判所の法定まで護送するという内容のものだった。
警察から裁判所までの距離は、たった16ブロック先。

ほんの十数分で終わるはずの仕事だった…。

しかし、その道中でエディが何者かに命を狙われる。
訳が分らないまま逃げまどい、どんどんと深みにハマっていく二人。
果たして16ブロック先まで無事に辿り着くことができるのだろうか。





ケースケ的見どころ&感想



今日は先に見どころから。
この映画の一番の見どころは、開始数十分かで訪れる銃撃戦のシーンです。
ブルース・ウィルスにアングルが寄り、彼の周りをカメラが一回転するアングルで描かれています。

これが非常にカッコイイ!

このシーンのカッコ良さは後からジワっとくるので、感想のところでも少し語ります。

もうひとつの見どころは人の心理状況の変化を描写するシーンが多いことでしょうか。
知的な部分よりも感情的な部分で、公的なことよりも私的な理由で動くので顕著に表現されています。
言動と同時に表情、行動なんかにも注意してみると楽しいかもしれません。



感想なんですが、この映画のテーマは 「人は変わることが出来るか?」 というものだと感じました。
実際に作品中にも何度かこの台詞が出てきます。

ストーリーにも書いたように、この護送するモス・デフ演じる「エディ」は収容されていた人物なんです。
罪状は一応、強盗や暴行ということらしいのですが、犯罪者には違いありません。
しかし、今回の法廷で証言をすれば釈放されることで希望を持ち、人生をやり直す夢を持っています。
そしてその夢を嬉しそうに何度も語るんですよね。
しかしそこで主人公のブルース・ウィルスは「人は変わらない。犯罪者は犯罪者だ」と言い放ちます。

ところが作品が進めば進むほど、ブルース・ウィルス自身が変わっていきます。
最初は冴えない中年のオッサン警官なんですが、次第にカッコヨクなっていきます(笑)

作品の中で一番の大きな転機を迎えるシーンは、先ほど見どころにも書いたブルース・ウィルスの銃撃シーンです。
ただのオッサンから「正義感の強い警官」になる瞬間を描写している様に感じます。
だからこそ、この作品を観終わったとき、そのシーンのカッコ良さがジワジワっと来るんじゃないかと思います。


人が変わる転機というのは、その人が諦めない限り必ず来るものなんだと感じさせる映画です。




PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カウンター

メイプルストーリー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[07/15 ファダイム]
[06/21 こがめ]
[06/17 キル]
[03/09 ファダイム]
[01/01 ゼオ]

プロフィール


当サイトの運営者 KeyLinx_20 に関する詳細プロフィールはこちら

ブログ内検索