忍者ブログ

Violaceo Luna


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16ブロック




「16ブロック」オフィシャルサイト



2006年 アメリカ

101分


監督 : リチャード・ドナー

出演者 : ブルース・ウィルス、モス・デフ、デヴィット・モース






作品概要


非番に同僚の代わりとして仕事を引き受けたジャック(ブルース・ウィルス)。
それは警察に収容されていたエディ(モス・デフ)を裁判所の法定まで護送するという内容のものだった。
警察から裁判所までの距離は、たった16ブロック先。

ほんの十数分で終わるはずの仕事だった…。

しかし、その道中でエディが何者かに命を狙われる。
訳が分らないまま逃げまどい、どんどんと深みにハマっていく二人。
果たして16ブロック先まで無事に辿り着くことができるのだろうか。





ケースケ的見どころ&感想



今日は先に見どころから。
この映画の一番の見どころは、開始数十分かで訪れる銃撃戦のシーンです。
ブルース・ウィルスにアングルが寄り、彼の周りをカメラが一回転するアングルで描かれています。

これが非常にカッコイイ!

このシーンのカッコ良さは後からジワっとくるので、感想のところでも少し語ります。

もうひとつの見どころは人の心理状況の変化を描写するシーンが多いことでしょうか。
知的な部分よりも感情的な部分で、公的なことよりも私的な理由で動くので顕著に表現されています。
言動と同時に表情、行動なんかにも注意してみると楽しいかもしれません。



感想なんですが、この映画のテーマは 「人は変わることが出来るか?」 というものだと感じました。
実際に作品中にも何度かこの台詞が出てきます。

ストーリーにも書いたように、この護送するモス・デフ演じる「エディ」は収容されていた人物なんです。
罪状は一応、強盗や暴行ということらしいのですが、犯罪者には違いありません。
しかし、今回の法廷で証言をすれば釈放されることで希望を持ち、人生をやり直す夢を持っています。
そしてその夢を嬉しそうに何度も語るんですよね。
しかしそこで主人公のブルース・ウィルスは「人は変わらない。犯罪者は犯罪者だ」と言い放ちます。

ところが作品が進めば進むほど、ブルース・ウィルス自身が変わっていきます。
最初は冴えない中年のオッサン警官なんですが、次第にカッコヨクなっていきます(笑)

作品の中で一番の大きな転機を迎えるシーンは、先ほど見どころにも書いたブルース・ウィルスの銃撃シーンです。
ただのオッサンから「正義感の強い警官」になる瞬間を描写している様に感じます。
だからこそ、この作品を観終わったとき、そのシーンのカッコ良さがジワジワっと来るんじゃないかと思います。


人が変わる転機というのは、その人が諦めない限り必ず来るものなんだと感じさせる映画です。




PR

CHAOS -カオス-





2005年 アメリカ

107分


監督 : トニー・ジグリオ

出演者 : ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス、ライアン・フィリップ







作品概要

カオス理論という、複雑に見える現象・事象を「点」とすると、最終的には「線」となって簡単な方程式等で表すことができるという理論を軸に話が展開される。

武装した強盗によってシアトルの銀行が襲撃され、多くの人質を取ったまま建物内に立てこもる事件が発生する。
ローレンツと名乗る犯人グループのリーダーは、唯一の要求として以前、とある事件が元で謹慎処分を受け停職中だったコナーズ刑事を事件の担当に指名。
新米刑事のデッカーとコンビを組み、交渉人兼現場指揮を務めていたが、SWATの隊員がコナーズの指示を無視して強行突入を試みる。

その瞬間、大きな爆発が起こり、中から人質が出てくる。

まだ建物内部にいるかもしれない犯人を捕まえるために、コナーズと捜査担当者が爆発直後の銀行を捜索するが、そこには犯人グループの姿は無かった。

同時に、そこには強盗に押し入ったはずなのに何かが盗まれた形跡の無い金庫があったのだった…。







ケースケ的感想と見どころ


筆者の大好きなどんでん返しものの映画です。
久々に映画らしい映画を観たという気にさせてくれた作品でした。

感想としては、映画の冒頭から伏線が張られていて、本当に完成度の高い作品だと感じました。
役者も、いわゆる超大物を使わずに敢えてクセ者俳優を揃えることで、映画から良い意味で華やかさが無くなっていたと思います。

パズルのピースが少しずつ埋まっていく感じがテンポ良く話の流れを作り、観る者をストーリーに惹き込んでいく力のある作品だと感じました。


見どころとしては新人刑事役のライアン・フィリップ。
頭の回転がとても早く、彼が作品をより盛り上げていってくれます。
最初は新人だからと言って周りから軽く見られていたのですが、捜査を進めていく過程で信頼を得ます。

それとこの作品、たった一日の出来事を描いているんですよね。
新人として初めてベテラン刑事とコンビを組み、事件を担当する…
言わば「初めて大きな仕事を任された、その初日」の話なんです。

彼が作中の後半で言う「毎日こんななの?」という台詞が、先程述べたこの映画のテンポの良さと、それゆえにたった一日の出来事だと思わせない濃い内容が上手くマッチしている証とも取れます。



犯人は何者なのか?

なにが目的なのか?



一見、何の関わり合いの無さそうな事柄と事柄がやがて一つに繋がる、まさにカオス理論そのもの。

最後の最後まで目が離せません。



プラグイン

カウンター

メイプルストーリー

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[07/15 ファダイム]
[06/21 こがめ]
[06/17 キル]
[03/09 ファダイム]
[01/01 ゼオ]

プロフィール


当サイトの運営者 KeyLinx_20 に関する詳細プロフィールはこちら

ブログ内検索