忍者ブログ

Violaceo Luna


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気がつけばもう9月も半ばに差し掛かろうとしている。

年々時が経つのは早くなってきてると感じてしまう。

丁度去年の今頃俺はメイプルストーリーというゲームに出会った。

そして丁度去年の今頃、ミクシィに参入したてに書いた重い経験の始まりがあった。







丁度去年の今頃、俺は浪人生として生活してたんやなぁということを今日ふと思い出した。それなりに勉強三昧の毎日を過ごした夏休みも終わり、後期の授業がスタートしたのも今の時期。

大手予備校で1年過ごした人はたいてい「浪人の一年間は辛かった。」と答える人が多いようやけども、俺の通っていた予備校は中・小予備校。クラスというものが存在して、一年間同じ目標を持った仲間でありライバル達と充実した毎日を過ごしていたのを鮮明に思い出せる。

今では地元や高校の友人よりも圧倒的に予備校の奴らと絡む機会が多くなった。今年は夏に海に行ったりもした。

こういう話をすると大抵は驚かれるもんやけども、予備校という特殊な環境で仲良くなったんやから自然な流れやと俺は思ってる。



勉強以外でも色んなことを学んだ。
結果的には志望校とは微妙に違う「中の上」くらいの大学に落ち着いたわけやけども、俺にとって去年の一年間は他じゃ絶対経験できない貴重なものばかりやったので、決して無駄やったとは思いたくない。

が、何故こんなことを書き出したのかというと、去年学んだはずの苦い経験を今に生かせていないんじゃないかと思ったからやったりする。

去年の俺の方が受験生でありながらも、よっぽど生き生きしていた気がする。



話しは微妙に変わるけども、この間これも去年の今頃よく見ていた攻殻機動隊のアニメを見直してみた。
そこには見るのは2度目であるはずなのに、こんな言葉が出てきたことに大きな衝撃を受けた。

「水は低きに流れ、人の心もまた低きに流れる。」



まさに今の俺そのものじゃないか?


去年の今頃から受験が終わるまでに俺は毎日の積み重ねこそが最大の力であると学んだはずなのに、結局この夏休みはダラダラして過ごしてしまったような気がする。

夏休みどころか、大学が始まって前期から今までダラダラしていたんじゃないんかな…。

そう思うと自分の努力に対する多大なまでの無能さにヘコんだ。

残り約2週間。無能なりにも何かをしなければならないと思った。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カウンター

メイプルストーリー

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[07/15 ファダイム]
[06/21 こがめ]
[06/17 キル]
[03/09 ファダイム]
[01/01 ゼオ]

プロフィール


当サイトの運営者 KeyLinx_20 に関する詳細プロフィールはこちら

ブログ内検索